kiginikki

kiginikki

2014/11/05




















富樫さん自身が盛岡らしいと思いをめぐらす、
その名も盛岡マフラーです。
こぎん刺しの文様にも見えるし、
瓦屋根や、石畳の道のような、
昔から馴染みのある風景を思い起こさせてくれます。
無染色の羊そのものの色バージョンを、
くるくると丸めて置いてみる。畳んでみる。巻いてみる。
一枚の布はさまざまな表情を見せてくれます。
特にこの盛岡マフラーは、表と裏で模様の見え方に大きな違いがあり、
巻き方、洋服との色合わせで、新たな印象を与えてくれるはず。

細かな模様でありながらも、ふんわりとした羊の毛並みを
直に感じられるような織り方で、
糸の弾力・コシを肌で感じることができます。
ちなみに生年月日占いで、
富樫さんは真面目というキーワードが2回も出てきました。
その通り、真面目に紡ぎの作業がしっかり為されていなければ、
この肌触りは生まれませんね。




ご好評いただいている盛岡マフラーの黄色2色は
ご予約という形でお受けしております。あと数点ずつです。
経糸は無染色ベージュ・緯糸はレモン色またはからし色になります。

ここ数日でぐっと気温が下がってきて、
待ってましたマフラー日和です。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。