kiginikki

kiginikki

2018/10/22

ふわふわとした糸、しなやかな糸、きりりとした糸。
紡ぎの手法がさまざまのtiny...さんの糸は、
いろいろな想像の旅へ連れて行ってくれます。
店頭でも、じっくりとご覧いただいている姿をよくお見かけします。

この粒粒とした糸は、そのままくるっと巻いて、
ネックレスのように楽しめます。
(この夏に開催したcoicaruさんの展示「itoのjewerly」に続いて)
冬の、itoのjewerly。冬も、itoのjewerly。



空気をふんだんに含んでいるので暖かさもあり、
この時期ちょうどいいなと思います。






昨年にいただいた出口かずみさんのカレンダーを
レジに飾ってずっと過ごしてきました。
小人と鳥、一人と一匹のほのぼのとした日常が描かれています。
お客さんも楽しんでくださっています。

そして、今回は感動のページ。

そうか、君は飛べなかったのか・・・。という事実が発覚しました。
青空の下、ほんとうによかった!
きっとあちらで流れているのは大音量のSPARKLE。いや、999かな。
こちらではためいきさんの音楽。
しみじみと込み上げてくるものがあります。
これを描いた出口さんも、きっときっといい人。


2018/10/21

海沿いの道。今朝はみんなみんな富士山を見ていました。
確かに、今日は青空を背に凛々しい富士山で、
本気のカメラを携えている方も少なくなくありませんでした。

そんな中ですが、店内では色つむぎの糸つなぎ二日目。
量り売りの糸は窓際にずらりと吊るしています。
秋風に乗って糸のカーテンがなびきます。
風に乗って、と云うのがとても相応しい日でした。
遠くから、近くから、本日もありがとうございました。

もうひとつ。風に乗っていい香りが漂っているのは、
まにまっく石鹸です。今ですと全種類揃っております。
糸と色、色と香り、お越しの際はぜひ楽しんでいただきたいです。


2018/10/20

秋晴れの気持ちの良い空の下、始まりましたtiny...の糸屋さん。
色つむぎの糸つなぎと題した展示、
その名の通り、繋がる・広がる出会いがありました。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。


フエルト帽子、名前の付いた糸、新たな形状の糸、かせ糸・・
糸を軸に、tiny...さんの新しい試みがあちこちに散りばめられています。
ひとつの素材が色を変え、姿を変え、ここではないどこかへ連れ出してくれます。
何かが始まる予感やきっかけが、素材には潜んでいると思います。
未だなんにもできていないのに、なんだか楽しい気持ちになります。

量り売りの糸は、ご注文いただいてから、
こんな風にして小分けしています。
一本の中にいろんな色がいっぱい。
糸巻き機の速度が、より一層美しい音色を運んでくれます。
と、うっとりしている場合ではなく、
お待たせしている状況ですので急がねばなのですが、
回す手もつい止まってしまうほど、ぐっと来てしまい、
写真を撮ってしまいました。

他にも、今日は5年ぶりにお会いできたお客様がいらして、
ぐっときてしまいました。
手動糸巻き機の速度で、自分もがんばろうと思いました。
明日も12時より営業いたします。
お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

2018/10/19















店内の什器ほとんどが動かせるので、ガラガラと模様替え。

室内を模様替えするだけで、
旅に行かなくともどこかに行った気分になれる、
みたいなことを、誰かが言っていたのを思いだしました。
確かに。ちょっとのことなのですが、随分と景色が変わるものです。
pot and teaのコーナーも出来ました。
シンプルワイドパンツ(紺・黒・カーキ)とブラウスなど
少量ずつを引き続きご紹介しております。

そうこうしているうちに北海道から糸のバトンが届きました。

明日からは店内の一角にtiny...さんの糸屋さんがオープンします。