2020/09/20

senのtenより

駅は駅でも和田塚駅は鎌倉駅ほどの混雑さはないので、
四連休といっても、ゆったりとした時間が流れています。
それでもやはりこの機会だから来れましたという方も少なくなく、
有難い限りです。
4連休は11時から17時まで、休まず営業します。


senのtenの展示のテーブルの一角で、ある日の食卓を想像して
いろいろ組み合わせて飾っています。
食材は乗っていなくとも、美味しいものが頭に浮かんできます。
それはきっと器の効果だとも思います。

レモン皿。デザートはもちろんのこと、副菜やサラダなどを盛って。
毎日使っているという方も少なくありません。
横長の形状なので、運びやすく並べた時にもバランスがいい気がします。
そして、洗いやすいです。

flameの角型、人気です。
特に朝は洗い物を少なくしようと横着な考えを持ってしまうのですが、
こんな風にワンプレートにして使うのもいいですね。
乗せているカップはドイリーの模様。
スープの他、野菜の切り方を変えたサラダを盛って海外旅行気分。
いつもとちょっと違う視点になる、flameシリーズ。

2020/09/18

senとten 2日目

 
senのten2日目。
風が強い為、外では安定感のあるボウル、
カップ、ミニプレートなどを並べて特集。
背骨までぐるっと走った大らかな筆致。
布の模様を連想させる繋がって続いていくモチーフは、
使いながら手のひらの中でも名残を感じます。

まだまだ手入れをしなければならないのですが、
外、なかなかいいです。
言わせてしまっているのかもしれないですが、
外、いいねえと言ってくださる方もいました。

佐賀弁の中に、佐世保弁という区分けがあることを知りました。
佐賀弁と佐世保弁ミックスというのもあるようで、
期間中、少しずつ知識を増やしていきたいです。
本日もありがとうございました。

2020/09/17

senとten 1日目

 
senとtenの一日目。海からの涼しい風が舞い込んで清々しい一日でした。
多彩な表現のsenの焼き物が一堂に並ぶ機会。
それぞれ違うけれど、おんなじ人達が作っている土から生まれた生命線を、
ぐるっと回って観て頂けました。
型を使うものから、一点一点異なる絵付けのもあり、幅広い作風。
それでいて、どれとどれを組み合わせても不思議と調和が生まれます。
今朝までは準備に必死だったのですが、
開店してからお客様が吟味する横でしみじみとそんなことを痛感しました。

青空の方に(お店と江ノ電の間)人が行き来しているのも、また新鮮でした。
そして今日は青空だったので尚のこと良かったです。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。
明日からもまだまだ続きます!

写真は、アクセサリーコーナーより。
10周年ブローチを、せっかくなので全部付けてみました。

「sen と ten」
2020.9/17(木)-10/12(月) 11:00-17:00
火曜水曜定休※9/22(火祝)は営業いたします

2020/09/16

 

今日も長崎から荷物が到着。
引っ越しですかって言われても全然おかしくないくらいです。
間違って、「はい」と言ってしまう勢いです。
今まで行った展示の中で、一番多い商品量だと思います。
それくらい見応えたっぷりです。
どきどきしながら準備中。やっと床が見えてきました。

アニバーサリークッキーの単品販売もあります。
もう箱を開けた時からいい香り!

「sen と ten」
2020.9/17(木)-10/12(月) 11:00-17:00
火曜水曜定休※9/22(火祝)は営業いたします

2020/09/14

senのtenの一コマ

長崎からsenの品々が到着。
まあまあ落ち着いて、とまずは一服。

定休日明けの木曜日より、senのtenが始まります。
「sen と ten」
2020.9/17(木)-10/12(月) 11:00-17:00
火曜水曜定休※9/22(火祝)は営業いたします