2020/11/16

手と手をつなぐかご / BasketMoon


















12月10日(木)より、柳の枝を使ってかごを製作されている
BasketMoon・有泉真治さんの展示を行います。

ラトビアでの修行を経て、現在は山梨を拠点に、
毎日使う、"道具としてのかご”の製作のほか、修理、修繕も行い、
生活を支えるかごを支えています。

仕舞う、運ぶ、飾る、
囲われた空間の中に整然と並んだり、
時にはバサッとどっさりと積み重なるものの居座る場所となって身近にあるかご。
使うにつれ、艶がうまれ味わいが深くなるその風合いには、
流れている時間の色も含まれているようです。

全ての工程が手の中で作り上げられるかごには、
使いやすさ、馴染みやすさ、使う方の手を意識して作られています。
作る手と使う手が交わるこの機会、温かな連鎖が生まれますように。

開催まで、こちらのブログでもご紹介を続けて参ります。

BasketMoon