kiginikki

kiginikki

2016/07/02

ガラ紡の糸に新色が加わりました。
空気をふんだんに含んだふわっとした質感は、
見た目はウールのようですが、ゆっくり紡がれたオーガニックコットンです。
このガラ紡糸の製造元の木玉毛織さんでは、
子供向けの品々や寝具や布巾などを作られています。
この手触りは触ればわかる、肌が喜ぶに違いない優しさがあります。

靴下を編むワークショップで、ガラ紡の糸を選ばれたお客様。
細い糸を合わせて2本取りで編まれています。
店内にある糸全ての編みサンプルがあるというわけではないので、
選んでいただいた糸で、どんな靴下になるのか、
毎回出来上がりを楽しみに拝見させていただいています。


編み物にも刺繍にも織りにも使える!

きれいな色ですよ!リーズナブルです!ホントにリーズナブルですよ!と、
いつだってお勧めしているベルギーリネン糸にも、新色が加わりました。
これまでの色合いの間を割って生まれたような絶妙な配色にも注目です。
特に緑系は色数が増えました。
カラス、ほうれん草、サイ、などと名付けられた名前と共に
作るものを思案するのもいいと思います。



7月になって、海辺に明るい色彩が加わり賑やかになりました。
海に向かう人達がちょっとだけ笑っているような気がして、
いや、ただ単に、眩しいな~という表情かもしれないけれど、
すれ違う時、自分も含み笑いで返します。
そんな風にいい勘違いをしながら、坂の道をすり抜けたい。
どこか行きたくなるような夏の始まり。