kiginikki

kiginikki

2015/10/02

先日のラフィアのコサージュ教室に参加されたお客様が、
編む手が止まりませんでした!と、こんもり作った
コサージュを見せてくださいました。
粒粒と刺していく刺繍もそうなのですが、
やめられない、とまらない、くせになる楽しさをラフィアは運んできてくれます。
花芯の部分も色を変えて作られたりしていて、小技がきらりと光っています。

ふっと肩の力を抜いた時に、思いも寄らないいいアイデアが浮かんだりします。
冷蔵庫の中にあるもので作ったご飯が好評だったりします。
そういう訳があって、集まってしまったものは、
時に静かにすごい力を発揮するような気がします。
こちらは、最後に余ったラフィアで作られたという花束。
残り物には福がある、福を集めた色。
こんな配色はなかなか思いつきません!
まだまだ開けていない扉は沢山あります!

そして、秋の扉をどんどん開いてくれるのは、
アトリエナルセさんの新作です。
タイツと靴下とカットソーが入荷しています。
ナルセさんのタイツは、模様や色だけに目が奪われるのではなく、
試してみると分かるその品質の良さがあります。
ほぼ綿繊維を多く含んだ柔らかな肌触り、
セーターを着ているような包まれる温かさがあります。
洗濯後も毛玉が出にくい仕様となっています。
昨年も好評でしたウールの襟付きカットソーもございます。
近くにお越しの際はお立ち寄りください。