kiginikki

kiginikki

2013/10/16

14日をもちまして、hiruneさんの生地フェア終了いたしました。
きのこや風船、バナナの生地は何に生まれ変わるでしょうか、
楽しみにしています。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。


続いて店内では、富樫由紀子さんの
ホームスパンのマフラーをご紹介します。
毛織物はたんすの中にしまわれる春や夏、ウール活躍期の秋や冬、
どの季節も富樫さんは羊毛を紡ぎ、染め、織る事をしています。
きっといつも思い浮かべているのは、
ちょっと寒い日のことなんだと思います。

春、夏、秋。過ぎ去った冬、ほど遠い冬、もうすぐやって来る冬。
それぞれの時間から見つめる冬。
手を動かして生まれるのは、正にその時の気持ちを映したもの。
先日、見せていただいたマフラーたちは、色合いも模様も様々で、
ひとつひとつを手にする度に思いが巡りました。
盛岡に行ってお会いするのも一年ぶりでしたが、
一年分の富樫さんの日記を見せていただいた気分になりました。

手紡ぎならではの糸の風合いと、
模様が掛け合わさった富樫さんの織りの仕事、
この機会にぜひご覧いただきたいと思います。18日からです。

準備の為、明日17日は17時閉店とさせていただきます。



















2013.10.18 (金) - 11/4 (月) 11:00 - 18:00
冬の日、マフラー / 富樫由紀子(織り)
*期間中休み 10/22 (火), 23 (水), 27 (日), 28 (月)

変則的なお休みとなります。お出かけの際はお気をつけください。