kiginikki

kiginikki

2018/11/19


シュトーレンの包装用に、手袋やマフラーを編む為に、など、
糸の行き先を伺うと、すっかり冬の方角。
冬ですが、やっぱりラフィアもお勧めなので大きく飾ってみたり、
糸をつたって季節の中を行ったり来たり。

今週もありがとうございました。
火曜水曜とお休みをいただき、木曜日より営業いたします。

2018/11/18


 

アッ!という間に11月も後半で驚いています。
そんな中、ラフィアの実というものを初めて目にしまして、
さらに、え~~っ!と驚いています。
毎日眺めても飽きず、この気持ちは一人では抱えきれず、
ラフィア売り場の隣に置いて、
皆さんにも、え~!って言っていただいています。

ラフィアを使った手芸もまた、飽きない、慣れない、
いつだって初心に立ち返らせてくれる作用がある気がしています。
なんてなんてゆうことを、生命力に満ちた実の前で思います。
一体どうなってこれが育っているのか見てみたいです。


2018/11/17


11月になった途端、時計の針の進み具合が早まった気がします。
そんなことは気のせいのはずなのですが、
なんだか疑ってしまうほどです。


来月の催しのお知らせです。

冬隣 富樫由紀子
2018.12.7(金)−24(月・祝)
12:00-18:00 火曜水曜定休

手紡ぎ手織りのホームスパンによる、
富樫さんのマフラーを今年もお迎えします。

春も夏もいつも、冬の方を向いて作られる富樫さんの織物。
四季の香りを纏って、その時々の風景を紡いで、
冬に花を咲かせる富樫さんの織物。
経糸と緯糸、糸と糸の十字路にはあたたかな温度が宿っています。

展示タイトルの冬隣は、
富樫さんのちあきなおみさんの「冬隣」が由来です。
一段と寒くなって、お湯割りが染み入る季節になりました。
そして、夜が長く、しんみりと誰かを想う時期でもあります。

一年の終わりの冬の始まり。
少し長い期間を設けての開催です。
皆様のお越しをお待ちしております。

●11/23(金・祝)より、盛岡・ひめくりさんでは、
富樫さんと菅川恵梨さんお二人の合同展が開催されます。
http://himekuri-morioka.com/

2018/11/08



冬に一歩一歩近づくにつれ、糸との距離も縮まります。
先日のハンドニットの会では、
もうすぐセーターが完成!という方もいらっしゃいました。
この冬の友にと、靴下を編まれたり、帽子を編まれたり、
編んでいるその姿も暖かなものです。

11/11(日曜)、11/25(日曜)、各日午後の回も追加いたしました。
11日は15時から17時半。25日は14時半から17時の開催です。
午前の回にお申し込みの方で、午後の方に移動したいという方は、
ご遠慮なくお申し付けください。

他、今月は火曜水曜の定休日に加え、
11/15(木曜)は都合により、お休みをいただきます。