kiginikki

kiginikki

2015/05/12


新緑の五月。店内のラフィアは、いつもにも増して
活き活きとした色を放っています。
色をまとったラフィアは、作る過程も楽しませてくれます。
ラフィアを前に、お客さんと一緒にこれでこういう形いいですね、
こういう風にしても面白いかも、と、思い浮かぶアイデアは尽きません。
もしもここが立ち呑み屋だったら、
ビール2,3杯分くらいは話していると思います。
それもこれも、石井さんが染める美しいラフィアのおかげです。

追加で購入される方の為に、
量り売りラフィアの2色、3色セットを作りました。
ひとつひとつ色合いが異なる為、通販ページに載せることは難しいのですが、
ご希望の色が決まっていたり、ある程度お任せいただけるようでしたら、
発送も対応いたしますので、ご相談ください。

保温性のあるウール素材から衣替えして、
ラフィアを編むにもいい季節になりました。
キット担当の大久保さんと一緒にばね口を使ったポーチを考え中。
緑に、ラフィアそのものの色に、黒、
色を変えて、たま編みを並べたら豪華になりました。
この形でワークショップも開きたいと思っています。
裂いて、繋いでから編むという、少し長い道のりですが、
この色と質感はラフィアでなければ生まれません。
余ったラフィアはレース編みをするのもお薦めです。



店内には、ナルセさんの新作・インディゴ染めのリネンシャツと
カシュクールワンピースなど入荷しています。