kiginikki

kiginikki

2010/12/17

チラシやパンフレット、新聞などの身近にある紙を原料に一枚一枚手漉きで作られた紙。コラージュした表紙とともに、手製本で仕上げられたノートが届きました。
このノートの作者・さいとうえみこさんは、実は学生時代の同級生なのですが、この夏に開催されたえみこさんの個展の前に、約10年ぶりに偶然再会したことから始まりました。
その個展の案内に作られたDMも、全て手漉きの紙でつくられていて、つまりは原料以外手作りなのです。

無地のノートですが、手漉きにより作られた独特の質感です。絵を描いたり、写真を貼ったり。また、絵を描いたり、写真を貼って、贈りものにしても。一つ一つ違う顔を持つ表紙にもぜひご注目を。