kiginikki

kiginikki

2018/12/13

一つまたひとつと富樫さんのマフラーが旅立っています。
その様子は、一歩一歩を(糸車で)踏みながら糸ができていく、
一段ずつ進む織りの速度とも似ていて、
じわじわと温かい気持ちが続きます。
12月の時計もそんな風に進むといいのですが、
そんなことはないようで、開催して早一週間。
富樫さんの冬隣も中盤戦となりました。

写真は、初めて手にした時と、少し一緒に過ごした今も、
変わらず同じトーンで、うーん、と唸ってしまう、
なんとも美しい色合いのチェック。淡く儚く暖かく。
「冬」という字を織りで表現したかのよう。
富樫さんの挑戦は、織物を通じて毎回ひしひしと感じています。
ですが、もしかしたら富樫さんの真骨頂とも云える作品なのではないかとも思っています。と、マフラーを通じて勝手に富樫さんと交信しています。
富樫さんに会ったことはないけれど、もう会っている気がすると、
マフラーを愛用されている方もいらっしゃいます。


この定休日は、温かなホームスパンから一転、
佐原ラフィアの石井さんに会いに行ってまいりました。
欠品していた色、また、なんてきれいな色!というラフィアも
分けていただきました。(来週後半には店頭に揃う予定です)

いつも立ち寄る佐原の道の駅。水中の方が寒いからですね、
みんな陸に上がって各々自由な時間を過ごしていました。
かわいいかわいい言っていたら、
その子が少しだけついてきてくれました。ほんの少しだけ。