kiginikki

kiginikki

2017/05/09

本日は、ハンドニットの会でした。今日は何度も来てくださる馴染みの方が多く、大久保先生も講師というよりは子牛のように楽しく過ごされていました。そして、今日は珍しく靴下を編む方はいらっしゃらなくて、夏の帽子を編まれる方がほとんどでした。季節の変化をここにも感じます。
夏の帽子は、実は去年も開催しようと企てていたのですが、うっかり出遅れてしまいできませんでした為、今年はもう寒いうちから考えていたのです。
大久保さんが提案してくださった2種類の帽子。どちらもダルマさんのSASAWASHIです。左のベージュのものは、もう10年ちょっと前に編んだものだそうです。きれいに形が保たれていますね。頭囲に合わせて目数を調整したり、もうちょっとブリムを大きく、などご要望にお応えします。かぎ針編みが出来る方でしたら、一度ご参加いただければ、後はご自宅で完成までたどり着けると思います。ご興味ございましたら、ご連絡ください。編み物は初めてという方でも大歓迎です。


そして、今日はベランダにリスも来ました。多分、いつものリスです。影に隠れてカメラを構えるなんて女性自身的でどきどき。こんなに長く滞在していたのは初めてで、梅の木でながいこと遊んでいました。目が合ってしまい、こちらが隠れたらリスも一瞬で姿を消しました。