kiginikki

kiginikki

2016/04/09


「誰かの手の中で生まれたハンドステッチ作品の、
その裏側を眺めて、仕上がりの舞台裏とそれに費やした時間に
思いを馳せるのが好きです。
縫い目の跡が多ければ多いほど、そこに費やされた縫い手の時間を、
自分が独り占めしたかのように感じて、
ありがたいような申し訳ないような、いろんな感情が湧いてきます。
それは機械でなく、ひとの手仕事でしか味わえない感覚です。
私の手仕事は比較的おおらかな表現が多いのですが、
古来の民族衣装などを眺めると、そこには想像を絶する畏敬の念のようなものが
込められているものが多く、機械の発達と反比例して失われていく手作業の
すごみを、あらためて思い起こすきっかけにもなります」

/////////////////////////////////////////////

hand and stitch
pot and tea
2016.4.15(金)-29(金・祝)火曜 水曜 休み
11:00-18:00

/////////////////////////////////////////////